Posts

05 September / / camp /
24 May / / bike /
ディスクブレーキのオイル交換とパッド交換 前輪だけタイヤ交換 Panaracer RiBMoはパンクしなくて良いが雨だと滑るので SCHWALBE MARATHONにした ↓上がRiBMo、下がMARATHON リアディレーラーのプーリー交換 Tisoのプーリーから純正に戻す
04 May / / audio /
約40年前のSENNHEISER(ゼンハイザー)HD414 のイヤーパッドを交換して当時の曲を聞く 今でも入手できるイヤーパッドを交換 重さは74g 曲はフォリナーのエージェント
都内からの日帰りトレッキング(初心者向け) 行程 JR中央本線「相模湖駅」9:30 ⇒ 城山 11:50 ⇒ 一丁平園地(昼食) 12:20 ~ 13:40 ⇒ 高尾山 14:10 ⇒ 京王線「高尾山口駅」15:30 中央本線「相模湖駅」 駅を出たら相模湖大橋(相模ダム)を目指します 相模大橋を渡ったら左に曲がって弁天橋を目指します 弁天橋はこの先にある養護学校の手前を左に曲がります 数分で弁天橋に到着しますので渡ります 弁天橋を渡り道なりに歩くと城山への案内板がありますのでその方向に進みます 途中で見れる弁天橋の景色が良いです。富士山も見えます このあと少し住宅地を通って城山へ向かいます 城山まではこんな感じです 城山到着。富士山がキレイです 一丁平・高尾山方面に向います 一丁平園地で昼食 メスティンでお米を炊いてビビンバ = 食後のコーヒー 高尾山6号路経由で高尾山口駅へ向います 京王線「高尾山口駅」 装備 山ご飯で使用した道具 撮影機材
25 January / / drone / raspberrypi
はじめに 前回投稿した「PWM-SBUS CONVERTERを使用してBETAFPV F4 2S AIO BRUSHLESS NO RXをRASPBERRY PI ZERO Wから動作させてみる」の続きです。 今回は機体を作成して浮上するまでを作成しました 構成 parts name raspberry pi raspberry pi zero w フライトコントローラ BETAFPV F4 2S AIO Brushless No Rx 距離センサ VL53L0X ジャイロ加速度センサ MPU-6050 PWMドライバ PCA9685 PWM SBUS Converter S.BUS Turn PWM+s.bus 16CH Multifunctional Converter SBUS-PPM-PWM モーター BETAFPV 08028 12000KV Brushless Motor ↓上側 ↓下側 ↓接続図 結果 ↓フライトデータ ↓動画はこちら(YouTube)
10 January / / audio /
MMCXコネクタと4.4mm5極プラグ用のバランスケーブルを自作 銀メッキOFC 0.08SQ 6m 4.4mm5極プラグ MMCXコネクタ ケーブルの四つ編みはこのサイトを参考にしました ↑MMCXコネクタからケーブルが抜けないように 外径4mmのワッシャーを通す ↑MMCXコネクタ端子に半田付け ↑4.4mm5極ジャックの端子に半田付け コードが抜けないように外径7mmのワッシャを通す XBA-N1とHiBy R5に接続
04 January / / drone / raspberrypi
はじめに 正月休みを利用して以前に作成した「Raspberry Pi Zero で自律飛行ドローンを作るぞ」の続きをやることにしました。 まず考えたのが、これまでの機体はQAV210フレームを使って200gオーバだったため気軽に飛ばすことができなかったので200g未満のマイクロドローンへの乗り換えすることにしました。 マイクロドローンは何台かもっているBETAFPVの2セル機を流用することにします。 まずやることはフライトコントローラへの入力信号がPWMではなくSBUSなのでraspberry piからのPWM信号をSBUS信号に変換して動作するか確認してみました。 構成 parts name raspberry pi raspberry pi zero w フライトコントローラ BETAFPV F4 2S AIO Brushless No Rx 距離センサ VL53L0X ジャイロ加速度センサ MPU-6050 PWMドライバ PCA9685 PWM SBUS Converter S.BUS Turn PWM+s.bus 16CH Multifunctional Converter SBUS-PPM-PWM コード GitHub上のコードを使用 BETAFPV F4 2S AIO Brushless No Rx用の定義は以下の通り(aux2にarmを指定) //BETAFPV F4 2S AIO Brushless No Rx #define BETAFPV_F4_2S_AIO_THROTTLE 0 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_ROLL 1 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_PITCH 2 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_YAW 3 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_AUX2 4 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_ARM 4 //aux2 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_AUX3 5 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_AUX4 6 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_ARM_OFF 1000 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_ARM_ON 1500 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_NEUTRAL 1519 #define BETAFPV_F4_2S_AIO_NEUTRAL_THROTTLE 950 接続図 コード変更を最小にするため既存と同じ構成にPWM-SBUS converterとフライトコントローラを接続 CleanFligthで動作確認 armとThottleが想定通りの動作をしていることが波形で確認 距離センサ値と加速度センサ値は無視 現物 おわりに とりあえず確認できたので次は機体を作成してモータを回すところまでかな 2020/01/26追記: 機体作成と浮上は、ここで確認しました
15 December / / audio /
SONY MDR-1AM2用のバランスケーブルを自作 3398-22AWG 2対4編組ケーブル 102SSC 4.4mm5極プラグ SONY MDR-1A対応3.5mm4極プラグ MDR-1AM2とHiBy R5に接続
10 December / / audio /
SONY MDR-1AM2用のバランスケーブルを自作 銀メッキOFC 0.08SQ 4.4mm5極プラグ SONY MDR-1A対応3.5mm4極プラグ ケーブルの四つ編みはこのサイトを参考にしました MDR-1AM2とHiBy R5に接続
01 December / / audio /
ゼンハイザーHD25用のバランスケーブルを自作 102SSC リッツ線 HPC-28-2U V2 ツイスト 4.4mm5極プラグ HD25用コネクタ HD25とHiBy R5に接続
20 November / / audio /
15 June / / drone /
29 April / / drone /
気圧センサーを搭載した naze32 rev 6 full を使用したu199ドローン 気圧センサーにより高度が安定するので部屋の中で楽に飛ばせます。 構成 parts name プロポ FUTABA 10J フライトコントローラ Naze32 Rev6 Full Version 配電盤 ARRIS AOSTAR-CC3D モータ Tarot MT1104 4000KV Brushless Motor ECS Tarot TL300G5 6A 2-3S BLHeli フレーム Tarot TL130H2 プロペラ Tarot 3.0x3.0 inch プロペラガード DIATONE グラス ファイバー 5030 プロペラ プロテクト ガード 受信機 KINGKONG/LDARC RX800-PRO 2.
27 April / / drone /
構成 parts name プロポ FUTABA 10J FPVゴーグル Eachine EV100 フライトコントローラ BETAFPV F4 2S AIO Brushless No Rx モータ BETAFPV 0802 Brushless Motors 12000KV フレーム BETAFPV Beta75 Pro 2 Whoop Frame プロペラ 4ブレード 4枚プロペラ 40mm直径 1mmシャフト 受信機 KINGKONG/LDARC RX800-PRO 2.4G 8CH S-FHSS Digital Receiver for Futaba VTX Eachine ATX03 Mini カメラ RunCam Split Mini 2 カメラマウント Beta75X 2S Whoop Frame & RunCam Split Mini 2 用 Camera Mount [VTF] バッテリー BETAFPV 300mAh 1S lipo ST-PH 2.
10 April / / drone /